収納はキッチンリフォームでも大切な箇所

  • キッチンリフォームのコツ

    • キッチンが古くなってきた、もっと便利に使いたい、オール電化にしたいというときに行われるのがキッチンリフォームです。



      キッチンリフォームを行うときに、使いやすいキッチンを作るためにはいくつかのポイントがあり、現状を把握しておくことで可能なリフォームの範囲を知ることができるようになります。



      キッチンで調理するには長時間立って作業を行うことも多いため、疲れにくく料理や後片付けをスムーズに行うには、適切な高さのキッチンカウンターを選ぶことが大切です。



      一般的には80?、85?、90?などのカウンターがあり、使いやすい高さは「身長÷2+5?」が目安とされており、その数字に近いものを選ぶと良いとされています。



      また、ショールームなどに行き、実際にどれぐらいが良いのか比較してみるのもおすすめです。

      キッチンの高さが決まったら、広さなども考えることで快適に使うことができるようになります。



      調理器具はどこに置くか、調味料はどのように置けば活用できるかなどを考えることで作業効率を上げることができます。



      そのほか、ベースキャビネットは使い勝手を考えて決める、最新設備を備えることによって手入れが簡単になる、作業効率やどのように自分が動くかなどの動線を考えることも快適にキッチンを使う上では大切なこととなります。



      キッチンリフォームを行うことによってキッチンが使いやすくなり、料理を作る時などを楽しくすることができるようになるのです。



  • 関連リンク

    • 住宅を建設して長い年月が経過すると、家の中の様々な箇所にリフォームを施す必要が生じてきます。たとえば毎日使用している台所も、キッチンリフォームをして、使いやすい空間にしたいと思う人達は多くいます。...

    • きれいで、使いやすいキッチンにリフォームすると、家事がとても楽しく、快適に過ごすことができるようになるので、キッチンリフォームは家の中でも人気があるリフォームのひとつです。家族や自分の好み、ライフスタイルなどに合わせて、キッチンリフォームをすることで、家族のための食事作りや洗い物が楽しくなったり、新しい設備を入れて、家事が楽になったりと、メリットがたくさんあります。...